榛名神社からワインディングを抜けて

旅日記(フォトアルバム)
この記事は約3分で読めます。

2022年5月6日(金)、
今年のゴールデンウィークは天気予報が目まぐるしく変化するなか、
気温は少し低めなものの雨は降らなそうな予報となったため、
群馬県榛名山にある榛名神社を目指してツーリングしてきました。

榛名神社

榛名神社は群馬県高崎市にある神社です。
主祭神は火の神である、「火産霊神(ほむすびのかみ)」と、
土の神である「埴山売神(はにやまひめのかみ)」を祀り、
鎮火、開運、五穀豊穣、商売繁盛のご利益があると言われ、
関東屈指のパワースポットといわれています。

神社入り口
県道33号線を走って、榛名神社入口へ向かう上り坂
駐車場は無料駐車場が数多くありました
きれいに舗装された道を歩きます
木が生い茂るなか、空気が変わる感じがします
川沿いを歩くということもあり、川の流れの音に癒されます
榛名神社の由緒
入口付近の像
榛名神社のマップ
本殿まで上り坂(階段)で約15分ほど歩きます
途中1箇所、休憩所(近辺にトイレ含む)がありました
整備された通路のため歩くに不自由はしません
途中川の流れをみて、休憩や写真撮影しながら進みました
道途中にある、千年杉
とても立派な杉の木で、迫力満点です
本殿まであと一息、雰囲気のある橋でした

※本殿は撮影不可となっていたため割愛しています

県道33号線は楽しいワインディング

東京からは関越自動車道から前橋ICまで進み、
下道で県道33号線から榛名神社そして伊香保温泉に向けて走りました。

県道33号線にはいってからは、道中対向車が全くいなく、
少し寂しくなるくらい1人で走ってきました。

そのため、残念ながら写真がありません・・・・

片側1車線のタイトコーナーがつづくワインディングで、
右へ左へ、切り返しながら走り抜ける爽快感がたまりませんでした。

ご存じの通り、榛名山はあの有名なマンガ「イニシャルD」の聖地です。

※イニシャルDでは、「秋名山」となってましたね!

お豆腐屋さんの86には会えませでしたが、
榛名神社から榛名湖を抜けて伊香保温泉に向かっている道中、
マンガにあった場所と思えるところがありました!

ぜひ、イニシャルDを読んでから行ってみてください。

榛名湖にたどり着いたときは、外気温がかなり下がってしまったため、
「真夏に来れたら・・・」なんて思っていました。

伊香保温泉にまできて、コンビニで小休憩を。

心地よい疲労感とともに、糖分摂取しました。

帰宅に向けて、渋川伊香保ICを下道で走ります。
走りやすい道路が続き、渋滞もなく、
ツーリングとしてはベストな感じでした。

途中「伊香保おもちゃと人形自動車博物館」なるものがあり、
「いきたい!!!!」と思ったものの、時間の都合もあるため、
渋々諦めました。

次の機会を作って、行ってみたいと思います。

まとめ

榛名神社はこちらです。
県道33号線のワインディングを楽しみながら、ツーリングにいかがでしょうか?

伊香保温泉に1泊なんてのも良さそうですね。
私は日帰りしなければならなかったので、温泉が楽しめなかったのも残念でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました