いつ洗車をするか

洗車
この記事は約4分で読めます。

実際の洗車方法はどのように行えば、少しでも傷を少なくできるでしょうか?
洗車環境も異なるでしょうし、クルマの状態にもよりますが、
まずは洗車環境とパターンを整えるのがよいと思います。

洗車をする時間帯

まず、炎天下の下での洗車は絶対に止めたほうがよいです。
大量の水を利用して洗車したとしても、高熱になっているボディのため、
水分が蒸発しスケールとなってしまいます。

できれば、走行後いきなりの洗車も、同じ様にボディに熱があることから、
できる限り避けられればと思います。

では、いつ洗車をすればよいでしょうか?

環境にもよりますが、できる限り直射日光を遮る場所がよいです。
屋内が最も理想的ですが、カーポートの下でもよいと思います。

また、屋根のようなものが用意できない場合、
朝方や夕方など、陽が登る前でもよいでしょう。
ボディに熱がない状態での洗車が最も好ましいです。

夏場は陽も長く、
朝方からの洗車は涼しいうちにできるのでより効果的ですが、
冬場は場所によっては早朝洗車は厳しいかもしれません。

あとは、曇り空の日もよいのですが、
お天気だけはどうにもコントロールできないので、
曇りの日だけというのは難しいかもしれません。

できる限り、ボディが冷えた状態洗車を行えるのが理想です。
その環境が整えずらい場合は、できる限り速やかに水を拭きあげ、
スケール汚れが付着しないよう手際よく進めることになるかと思います。

雨予報の場合、洗車はしない?

雨降りの中、屋外で洗車をする必要はないと思いますが、
「あぁ、明日は雨だから洗車しなくていいな」と思うことがありませんか?

クルマが明らかに汚れているのであれば、洗車は行った方がよいと思います。

「どうせ雨降って汚れるじゃん」

ご指摘を受けそうですが、
たとえば、「明日も仕事で汗かくから今日はお風呂入らなくて良い」、
とはならいですよね?

明日も汗をかいて皮膚が汚れると分かっていて、
毎日お風呂に入らず汚れを積み上げて、やがて病気になってしまうのであれば、
毎日お風呂に入って、よく洗って皮膚をケアしていると思います。
大抵の場合、そんなこと考えもせず、
毎日お風呂にはいって健康を保っているでしょう。

クルマの塗装もこの皮膚と同じです。
病気にはさすがになりませんが、スケール汚れ等が増しに増して、
塗装皮膜に浸食し、やがて取り返しのつかないことになります。

よって、雨予報だったとしても汚れが付着している状態なのであれば、
除去するべきだと思います。

一生懸命労力をかけても、
明日また雨で汚れてしまうと分かっていながら洗車をするのは、
しんどいのは理解はできるのですが・・・・。

大事なことは、
「汚れを積み重ねないこと」だとご理解いただければと思います。

洗車の段取り

洗車するクルマの状態に合わせて、
洗車パターンがあってもよいかもしれません。

□パターン1:非常に汚れている場合

1.ホイール洗浄
2.フォームガンによるプレウォッシュ(予洗い)
3.中性洗剤(花粉が飛散する時季は弱酸性洗剤)での洗車
4.鉄粉除去
5.油分除去
6.フォームガンによるケミカル除去ウォッシュ
7.純水機による水道水の除去
8.(天然)ワックス塗布
9.仕上げとして液体ワックス塗布(トップコート)

クルマのサイズにより変動するかもしれませんが、
エルグランドを例とした場合、
慣れた作業としても約6時間程度の時間を要します。

□パターン2:汚れがひどい状態ではない場合

1.ホイール洗浄
2.フォームガンによるプレウォッシュ(予洗い)
3.中性洗剤(花粉が飛散する時季は弱酸性洗剤)での洗車
4.純水機による水道水の除去
5.仕上げとして液体ワックス塗布(トップコート)

エルグランドを例とした場合、
慣れた作業としても約3時間程度の時間です。

私はこの2パターンに室内清掃を行ったりしています。

必ずしも毎回フルスペックで洗車する必要はないと考えます。
汚れの程度に応じて、変更すればよいためです。

大事なのは、これらのパターンを組んだら、
事前の準備をしっかり行って、速やかに作業を進め終えることです。

スケール汚れを付着させたくないため、できる限りスピーディに、
水(水道水)がボディに付着している時間を可能な限り短くするよう、
作業を行えるようにすることが大事だと思っています。

まとめ

洗車はマメに行うことが最適です。
汚れを積み上げることで、ますます洗車の労力を必要とするため、
こまめに実施して汚れを早いうちから除去することが、
結果として毎回の洗車の労力を少しでも楽にすることになると思います。

洗車環境、クルマの状態、コンディションは様々だと思いますが、
愛車を少しでも長くベストな状態を維持するためにも、
必要なタイミングで最適な洗車を行えるとよいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました