いろは坂と中禅寺湖スカイライン

旅日記(フォトアルバム)
この記事は約6分で読めます。

2022年5月29日(日)、この日は最高気温が30℃以上という予報のもと、
梅雨入り前ということもあり、少し遠出をしたく、
栃木県日光のいろは坂と中禅寺湖スカイラインを目指して走りました!

春夏ジャケットの本領発揮

今年の春夏モデルとして、HYODのライダースジャケットを愛用してます。
とても気に入っています。

インナーがあるため、最高気温30℃以上に対してどうかと?

インナーを外しつつ、ロンTを1枚で走ってきました。
高速道路や日光の山頂もちょうどよくて、ベストな選択でした。

この日は虫アタックがすごくて・・・。
帰ってきたらバイクもジャケットも即洗い。

ライダースジャケットは、パッドをすべて外して、
チャックを全部締めて、洗濯ネットにいれて、
おしゃれ着洗いモードかつ柔軟剤はなしで洗濯機で洗っちゃいました。
ご自身で洗う場合は、手揉み洗いが推奨かもしれないので、
洗濯表示をご確認ください。

平置きで陰干しして、扇風機をあてて乾いたら、
HYOD専用のハンガーにかけて完成です。

外したパッドを戻して、次使うときに備え片付けました。

いろは坂から中禅寺湖スカイライン

この日は千葉県柏にある常磐自動車道柏ICからスタート。
常磐自動車道から東北自動車道を目指して・・・・・、
なんてざっくり考えつつ、ナビに従って走っていたら、
途中高速を下りることになり、一般道をひた走ることに。

「ここどこですか?」状態です。
気がつけば、日光宇都宮道路で清滝ICへ。

日光口PA(下り)にて、小休憩

あまりにも適当すぎる事前準備に、走った道路がわかってなく。
それでも、道中の大きな田んぼを横目に走ったり、
行き交う車があまりにも少なすぎて寂しくなったり・・・、
楽しいルートでした。

下道を走るのって、なんかとても良いですよね!
知らない異世界を見ることができたり、
予定外の景色が見れて、気分良くなったり・・・。
時間に余裕があれば、
下道ルートを多めにするなんてプランもありですよね。
行きは下道多め、帰りは高速使って早めに帰ってくるとか。

これもバイクに乗って知ることができた感覚です。
家族旅行とか車だと、
どうしても最短ルートで走ってしまう・・・・から(笑)。

「旅」は計画しつつも予定通りにならず、
それゆえに貴重な体験が詰めることなのだと、
改めて思い知らされます。

気がつけば、第二いろは坂にはいっていたらしく、
いきなりヘアピンカーブが続きながら登ることになりました。
一方通行の2車線道路なので、追い越したり追い越されたり、
周囲を確認しつつ車線変更しながら一気に登ってしまいました。

だからというわけではないのですが、相変わらず写真がない・・・・。

いろは坂に向かう途中の、よくわからない場所のコンビニで
お茶飲みながらぼっちチョコレート祭りを開催(笑)

中禅寺湖スカイラインへ

第二いろは坂を登り終えると、中禅寺湖がみえてきました!
観光客と思われる方々が数多くいたみたいで、
とても活気にあふれていました。

休憩場所を探しつつも、逆道は渋滞していたり、
人がわんさかいる場所もあったりで、
なんとなく休憩しづらい感じもあって、
「もういっちゃえ!」と思い、中禅寺湖スカイラインへIn!

だからというわけではないのですが・・・・、
相変わらず写真がない・・・・。

写真がないブログ、めちゃくちゃつまらないですよね。
なんの情報提供もできていない・・・・。
読み手の気持ちを無視しちゃってます。すいません。
次回ツーリングへの反省とします。

中禅寺湖スカイラインは、自転車や歩道がないところでの歩行者がいます。
道が一部は荒れていたりもするし、この日は車も多かったので、
スピードに気をつけて走りました。

また、頂上付近はトイレがありません。
(途中立て看板にも「トイレありません」って書いてあります)

走られる方は、体調万全にしてから走り始めたほうがよさそうです。

頂上付近まで上ると、展望台スペース(駐車場あり)があって、
絶景が見れます。

新緑がとてもきれい
この日はよく晴れて、青空がとてもきれいでした
いろいろな緑色が見れて、まさに絶景です
けっこうな高さまで上ってきたと体感します
※音が出ます、ご注意ください

ただ、わたしにとっては少し問題がありまして・・・。

虫が多くて・・・・、季節的なものかもしれませんが、
バイク乗っている時から降りた時も、
常によくわからない小虫が飛び交っていて・・・・。

情けないことに、虫がとても苦手なものですから、
滞在時間「3分(!)」で山を下りることに決定。

景色はよいのですが・・・・。本当にもったいない。
季節によってはそんなことはないはずと信じたいです。

早速下り始めましたが、もう一つ展望台がありまして、
こちらは中禅寺湖が見えました!

でも、虫が・・・・。

滞在時間「1分30秒(!!)」でした(汗)

新緑の青と中禅寺湖の青、絶景です
※音が出ます、ご注意ください

道が荒れている箇所もありつつ、第一いろは坂を目指し走りました。

第一いろは坂は急な下り坂とほぼヘアピンカーブです。
車も多かったので車列とともに下っていきました。

第二いろは坂と違って1車線道路です。
あのイニシャルDの舞台にもなりましたよね。

結構な下り坂&車と一緒に走るので、ほぼ1〜2速でした。
エンブレをバチバチに効かせながら走る感じです。

いろは坂を下ったら、日光宇都宮道路清滝ICから東北自動車道へ。
車が多めでしたが渋滞もなく、
ツーリング帰りと思われるバイクの集団に少し距離をおきながら、
走ってきました(笑)。

つづいて、東北自動車道川口JCTから東京外環自動車道へ。
ここも奇跡的(?)に渋滞もなく、京葉道まで一直線。
旅の終わりは寂しさが募ります・・・・(涙)

帰りは少し右手が痛くなってしまって、
クルーズコントロール(クルコン)多めで走らせてもらいました。

ZH2は前車追尾型のクルコンではないのですが、
そのために車間距離も保って速度設定をするようになるので、
「ある意味安全なのかもしれない」、なんて思ってました。

また、車(オートマチック車)のクルコンと違って、
エンジンブレーキがよく効くので、道に応じた速度調整がすぐに行われます。
道のコンディション問わず、ほぼ常に設定した速度で走ることができます。
車(オートマチック車)は、急な下り坂とかになると、
実速度が設定速度以上で走ってしまうことも多くあるので、
少しヒヤリとしますよね。
わたしの使い方が悪いだけかもしれませんが・・・・。

車の場合は、断然ブレーキの介入が入る、前車追尾型がおすすめです!

ところで、最近は乗り慣れてきたのか、
ツーリングの次の日はだいたい太ももが筋肉痛になるので、
上半身が力んでしまうようなこともなくなったのかと思ってますが、
右手の痛みだけはツーリング距離に比例して痛みます。

アクセルの微調整もあるので、力んでしまうのかな???
今後の課題です。

まとめ

中禅寺湖に向かう上り線、第二いろは坂。

第二いろは坂から中禅寺湖スカイラインは時間もかからずに走れます。

中禅寺湖から下りは第一いろは坂へ。
タイトなヘアピンが下りで続くので、スピードに注意です。

この日は暖かく、よく晴れて絶好のツーリング日和でした。
ナビ頼みで走ってしまったとはいえ、
行きの道中に下道で走ったところも楽しかったし、
「旅」を満喫できました。

2021年12月に購入したZH2、早くも6,000Kmを超えてきました。

新車装着時のピレリROSSO III(OEM)を使っていますが、
「おおよそ10,000Km前後での交換」という話を耳にするので、
次タイヤの候補と交換できるお店探しを行っておこうかなと思ってます。

楽しい時間でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました