大菩薩ラインツーリング

旅日記(フォトアルバム)
この記事は約4分で読めます。

タイヤに釘らしきものが刺さってしまい、急遽交換。
交換すれば試したくなるのがワインディング。

ということで、
奥多摩周遊道路〜大菩薩ライン〜道志みちへ行ってきました!

動画

まずは、動画はこちらです。
ぜひ見ていってください。

編集力がなくなまぬるいですが、ご容赦いただきたく・・・・(笑)

奥多摩周遊道路

東京都にある奥多摩湖沿いを一部走る全長約20Km弱の道路です。
三頭橋を起点に九頭竜橋までの区間となります。

以前は有料道路だったようですが、無料開放されたそうです。

走ってみると、種類に富んだコーナーがあり、
路面も整備されてとてもきれいなことから、
ついついアクセルを開けがちになってしまいます。

ただ、油断大敵です。

昔から事故も多かった道路でもあるため、
この道路を走るうえで最も重要なのは「自制心を保つ」ことだと思います。

奥多摩周遊道路に入る前に、
奥多摩水と緑のふれあい館にて腹ごしらえ。

ライダーだけではなく多くの観光客の方がいるようでした
フワッフワなんですよね。
おいしかった

パンケーキというおしゃれスイーツをいただきました。
おいしかった!

奥多摩周遊道路は月夜第一駐車場まで。
景色を眺めて、折り返し大菩薩ラインを目指します。

木が生い茂り過ぎて湖が見えないですが、
夏空って感じでよい気分でした
雲が多めですが、快適でした
奥に少しだけ湖が・・・・、見えずらいですね(汗)

この日は全く時間がなくて、滞在時間も短めでした。

大菩薩ライン

奥多摩周遊道路を三頭橋まで戻り、国道139号線へ。
途中県道18号線を抜けて、国道411号線(大菩薩ライン)に入ります。

大菩薩ラインへどうしても行きたかったのです。

というのも、ある和菓子が食べたくて、
そのためだけに行ったようなものでした。

その和菓子は「わらび餅」。

大菩薩ラインは一部工事区間もありましたが、
走りやすい道路でした。

道中、突然現れるお店が「はまやらわ」さん。
名物わらび餅をいただけます。

ちょっと走って疲れてきて、「休憩したいな」というところにあって、
最高の休憩場所でした。

お店に向かう途中橋の上では清流を眺め、
水音に癒されながらわらび餅をいただきました。

山の湯宿 はまやらわさん
こののぼりが目印です
横には川が流れていて、清流の音を聴きながら休憩ができます
わらび餅、最高に美味しかったです

木々や水音のおかげで、とても涼しく、
「クーラーいらない・・・・」って思ってしまうほど。

美味しかったし、場所は素敵だったし、
疲れは吹き飛んだし、最高でした。

道志みち

道志みちは、関東のツーリングライダーには超有名なワインディングですよね。
「やぇー」でも有名です。

この日は、道志みちを走りたかったわけではなく、
「奥さんにクラフトビールを買って帰る」というミッションのためだけに、
道志みちへいってきました。

16:00を過ぎて、少し暗くなり始めていて、
夜走行はあまりしないことから、ビール買ったら即退散(笑)

道志川の水もとてもきれいで、
アラフィフおっさんでも水遊びがしたかったですが、
数分見るだけで退散(笑)

ビールは何種類かありましたが、この日はバックを持っていなかったので、
1本だけ「厳選」して買ってきました。

道の駅どうしにて

美味しかったそうで、喜んでもらえてなによりです。
この努力に免じて、旦那ポイントも相当上がったはずです。
多分・・・・。

帰りは中央道の渋滞に巻き込まれ、あたりはすっかり暗くなり、
都心環状線を抜けて帰ってきました。

今日も事故なく、ミッションコンプリートです。

まとめ

奥多摩水と緑のふれあい館はこちら。

奥多摩周遊道路はこちらです。

大菩薩ラインからはまやらわさんはこちら。

最後に道志みちは、道の駅どうしを目指して行きました。

結構な距離数を走りました。
行きから中央道の渋滞に悩まされましたが、
無事に帰宅できてとっても楽しかったです。

寒くなる前に、もう一度走りたいと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました